カテゴリ:音楽( 8 )

 

placebo

ちょっと音楽ネタを。

日本での人気がどうかはよく知りませんが、

PLACEBO

が最近(個人的)再ブームの予感♦

上記バンド名にリンクあり(英)
サイト自体がかっこいいので是非。
2009年5月13日にサイトを一新したようです。


この曲はThis pictureという曲。
お気に入りの一つですね。

彼らはいわゆる90年代のブリットポップ全盛期にデビューしたバンドでしたが、
オアシス、ブラー、あるいはレディオヘッドといったバンドとは趣が違いますね。
かといってフィーダーとも違いますしね。

今年は久しぶりに来日するようです。
まぁ見に行く余裕は無いでしょうが・・・
[PR]

by massa-bristol | 2009-05-20 02:09 | 音楽  

He's walkie talkie!!

最近どうにも頭から離れない曲が・・・

懐かし〜♪

レイジ?いやいやペンデュラム?

うおぉぉぉ!!俺の青春が〜☆
[PR]

by massa-bristol | 2009-05-10 15:48 | 音楽  

back to my own way...

イギリス時代はむしろ日本よりも音楽から遠ざかっていた気がしてました。

で、そのままの流れで帰国後もあまり聞いてなかったんですが、
(一応あぁ、オアシスの新作、サブウェイズが出したのか〜とかはチェックしてましたが)

やっと。気になってた一枚を買いました。

TRAVIS の ODE TO J.SMITH です。
f0167664_15244124.jpg

今までよりもハードだ。なんて評判を聞いてたので
どうかな〜〜
と思ってましたが
f0167664_1527836.jpg
聞いてみると
ワォ!トラヴィスだっ!
とまぁそのままの感想ですが。
たしかに今までとは少し違う。でも確かにトラヴィスではある。

例えばレディオヘッドのような変化なら賛否両論あっても当然かと思う。
でもトラヴィスは期待は裏切らない。
変わってもトラヴィスはトラヴィス。
レディオヘッドのような感動はないかも・・・
でも何にも代え難い友人。という良さがトラヴィスにはある、気がする。
f0167664_15562368.jpg

[PR]

by massa-bristol | 2009-04-17 15:58 | 音楽  

DOT TO DOT FESTIVAL BRISTOL 2008!!! 後半

Dot to Dot Festival後半です!
このフェスのメインステージであるCarling Academyへ向かいます!
このフェス、そこまでの規模ではないですし、若手(マイナー?)中心の構成ですが、今回決定打になったのは、そのヘッドライナーです!!
それはDIRTY PRETTY THINGSですっ!!!049.gif
個人的にBaby Shamblesよりも好きなので、一発で決めました。
というかこのブログのタイトルだって、彼らの1stアルバムのタイトルをパクっ・・いや引用してる訳ですから、見に行かない訳が無い!!

さてそのメインを前にTHE HOLLOWAYSの出番です!もちろん好きなんですが、予想以上に盛り上がりました!
f0167664_442452.jpg
特にGeneratorをやった時フロアは最高潮に!!ちなみに彼らの次のギグは今月末に全く同じ場所でやるらしいです。ナイス判断!

ついにやってきました!!セットチェンジの隙をついて最前列へダッシュ!そしてポジション奪取!ギターの前ぐらいでそんなに良い位置でもなかったですが、前で、且つ安全なポジションでした!30分ほど待ち、ついに真打ちDIRTY PRETTY THINGS登場!!
f0167664_4505627.jpg
キターーーーーーーーーーー!!071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif
革ジャンじゃないッス!!てか生カール目の前にいるッス!
めっさカッコエエ〜〜〜!!f0167664_501973.jpg
f0167664_513024.jpg
新曲あり!!何も言うことは無いッス!!ただただ最高ッス、兄貴!!
もちろんアンコール!!カールはちょっと間を置いて再登場!!大歓声!!
f0167664_583579.jpg
やっぱあんたタンクトップ似合うわ〜〜!!
というわけで、無事終了しました。個人的には去年のサマソニのKASABIANを超えたな!!という感じでとにかくめちゃめちゃ良かったです。(本国の雰囲気に飲まれたからかもしれませんが)
とにかく、テンション任せの構成になってますが、こんなところで。
[PR]

by massa-bristol | 2008-05-27 21:20 | 音楽  

DOT TO DOT FESTIVAL BRISTOL 2008!!! 前半

この土・日はブリストルでDOT TO DOT FESTIVALというイベントがありました。
ブリストルの他にノッティンガムとロンドンが会場になってます。
僕が行ったのは日曜だけでしたが、土曜も含めて人でごった返すようなことはありませんでした。というのも、このフェスでは、その都市の複数のライブハウスが会場になる為、観客はある程度分散されてました。
まずはリストバンドを受け取りに本部のテントへ。早くチケットを予約していると交換用のチケットが受け取れるんですが、予約がある程度より遅いと、当日に予約番号を伝えるということになってました。僕は後者だったので、テントの兄チャンに伝えると困惑顔。誰かに連絡をとって確認後、無事手続き完了です。のっけからイギリス名物グズグズサービス炸裂!
まずは最初のバンド、TROPICSです。かっこ良かったです!!エモパンクっぽいUKロックという感じでしょうか。今日1発目のパフォーマンスということもあって、観客もかなりまばら・・・本人達は健闘してたので、あまり盛り上がらなかったのはちょっと気の毒でした。まぁ本人達曰くロンドンで客が3人だったときより全然マシだそうですが。

次に登場はTHE RGBS。ドラムと、キーボードが3人という構成。嫌な予感→現実に。個人的にかなり合わない音楽だったのでそそくさと退散しました↓スイマセン。ただ、彼女達のステージから急に人が集まってきまして・・・確かにブリストリアン寄りでしたが、さすがにいかがなものかと。こうなると余計にTROPICSがかわいそうに・・・
f0167664_5201583.jpg
場所を変えて、次はKILL CASSIDY。結構ビジュアルにも気を使ってる感じ。加えて割とテクニカルなバンドですね。結構良かったです。(今回は全体的に暗かったので画質は尋常じゃなく悪いです。スイマセン)
f0167664_525314.jpg
そしてCHEEKY CHEEKY & THE NOSEBLEEDSが登場。名前はふざけてますが、かなりかっこいいです!!最近のUKロック!という感じです。服装や左のギターのポジションなんかでもわかると思いますが。パフォーマンスはかなりハイテンションで、かなりおもしろかったです。ボーカルのアクションなんかはイギリスの兄チャンだなぁ〜〜という感じで。始めは皆失笑でしたが、曲で十二分にカバーしてたので盛り上がってました!!
再び場所を変え、カナダからの刺客Pack A.D。女性2人組で、こちらもかっこいいです。ただ、曲はほぼ完全にWHITE STRIPES、ボーカルの声や歌い方がかなりKT Tunstallぽかったので、個人的にあまり盛り上がれなかった感は否めません。もちろん好きな人は好きだと思いますが。myspaceで聴くとちょっと違う?
最初の場所に戻り、ROSIE AND THE GOLDBUG。キーボード&ボーカル、ベース、ドラムの3人組。かなりつかみにくい音楽でしたが、客の入りなんかはナカナカでした。MCでブリストルに良いコメント頂いたので全然OKです!
f0167664_5574940.jpg
ちなみにここのステージにだけDot To Dotのスクリーンがありました。
いくつかリンクを貼付けてるので、興味のある方はチェックしてみては?長くなりましたが、この後メインステージへ移動。僕の真の目的が果たされる時がやってきたのです!!!それは後半で!!
[PR]

by massa-bristol | 2008-05-26 20:00 | 音楽  

THE KILLS !!

今回は先月末に行ったTHE KILLSのライブです。
場所は家からは割と遠い、TRINITYというところなんですが、もともとそこは教会で、今でも外観は完全に教会です。そんなに大きくはないですが、その分かなりいい雰囲気でした。
開場から開演まではかなり時間がありましたが、ようやくサポートの登場。
事前に得ていた情報通り、THESE NEW PURITANSでした。
個人的には、あまり好きなタイプのバンドではありませんでしたが、全体的にはヒットとミスの繰り返しという感じのパフォーマンスでした。
その後、再び1時間ぐらい待ち、ようやくメイン登場。
実はこのツアーで彼らがブリストルでパフォーマンスするのは2度目。前回はTHE CUBEというもっと小さいハコでしたが、チケットが売り切れで行けず・・・。ちなみにcubeももとは教会なので、割と普通にあるケースなのかも知れません。日本だと寺院か神社ですか・・・(笑)

本題に戻って、割と静かにスタートしたんですが、はやり新しいアルバム中心のセットでした。2ndから2、3曲、1stから1曲程度。アルバム自体は売り上げもかなり好調を維持しているようですね。
f0167664_834921.jpg

しかしながら、曲調とブリストリアンの趣向があいまって、会場はややダンスフロア的な様相を呈してきました。それは若干ウザかったんですが、ライブ自体は良かったです。killsらしいステージといった感じでしょうか。
たまにバンドのインタビューで日本のオーディエンスはスゴいなどという記事を見ることがありますが、今回は特にそれがわかりやすく見てとれました。やっぱり日本人って・・・普段抑圧されてるんでしょうか・・・?
帰りはバンドTを購入して帰宅。全く激しくはなかったので、今回は安心して眠れました。
f0167664_84346.jpg

[PR]

by massa-bristol | 2008-05-17 00:00 | 音楽  

@carling academy!

こちらに来て、そう多くはないですが、いくつかライブ(こちらではgigと言うのが一般的ですが)に行きました。その中でも一番多く行ったのがCARLING ACADEMYです。CARLINGはこちらで一般的なビールの名前ですが、色んな都市に同じライブハウスがあり、キャパシティもそこそこで割と良く知られてます。
f0167664_531431.jpg

最初に行ったのはASH。ものすごく好きな訳ではなかったですが、最初と言うこともあって手堅く。サポートアクトとして、まず若いバンド(名前は忘れましたが)がプレイ。なかなかかっこ良かったです。さあASHか、と思いきや、明らかに違う入場・・DEAD 60'sでした。彼らは結構好きなので、ややハイに!そしてASHの登場。一気に観客のボルテージが上がり、大盛り上がり!メンバーが誕生日ということでみんなでHappy Birthday~♪合唱。いいライブでした。ここで気付いたんですが、イギリスではデジカメ撮影はOKのようです(ビデオはダメですが)。下調べ不足です↓
そして先月来たのがno use for a nameとTHE HIVESです!いずれもacademy。てかイギリスのバンドではない!ですが・・・。no use~は小さい部屋だった上に、ステージが低く、さらに背の高い人が多かったのでほとんど見れませんでした。ただ、かっこ良かったです!そしてなぜかBob MarleyのRedemption songをみんなで合唱。こういうのが好きなんでしょうか?
hivesは会場前から長い行列!サポートは覆面バンドでした。待ち時間がかなり長かったですが、そこはメイン、1曲目から一気に最高潮に!最初は結構前に陣取ってたんですが、徐々に後退を余儀なくされました・・・。なぜならまさにそこでモッシュが勃発したからです。ポジション的に嫌な予感はしてましたけど。
f0167664_5575641.jpg

MCも俺たち最高!的な感じで盛り上げ方もうまかったですね。駆け抜けるように時間が過ぎていった気がします。今回は完全にアタリライブでした!そして予想通り、翌日から3日ほど・・筋肉痛とアザの痛みと戦うハメになりましたが・・・
f0167664_672890.jpg

[PR]

by massa-bristol | 2008-05-11 06:10 | 音楽  

bristolの音楽シーン

イギリスを選んだ理由の1つとして、その文化において大きな位置を占める”音楽”を体感したかったというのがあります。もちろんそれはUKロックを指します!その意味で(footballも含め)、滞在先をブリストルにするか、マンチェスター・リバプール辺りにするか真剣に考えたのは事実です。結局は学校で選びましたが・・・
大きな期待を持って渡英しました!が、ブリストルはロックがさほど盛んでないんです!そもそもブリストル出身のバンドとしては、massive attackとportisheadが二大巨頭です。推測はしやすいですね。
いわゆる”クラブ”の数はハンパではないです。大小様々ですが、人気があるところでは頻繁に行列が・・・
個人的にこういう類いの場所が好きではないので、よほどしつこく誘われない限りは行きませんが、当然退屈して時間が過ぎるのを待つ。という感じです。

一方、もちろん多少は知名度のあるロックバンドもいますし、ライブハウスもちらほらあります。ジャズやブルースが生で聞けるレストランやパブもあるんですが、これはかなりイイです。
日本よりはチケットも安いので(あるいはフリーだったり)これらにはちょくちょく足を運んでます。
機会はそう多くはないですが、こちらもイベント毎にUPしまっす。
[PR]

by massa-bristol | 2008-05-08 07:13 | 音楽